TRIAL WORKSHOP

トライアルワークショップ

SEKAISHAの提示する学びは、明日すぐに使えることもあれば、10年経って大事な場面で思い出すようなこともあります。
自分の好きなこと、興味のあるものがすでにあるかもしれないし、もしかすると、まだ出会えていないかもしれません。

今回のトライアルワークショップでは、「達人の『ワザ』を学び じぶんなりに自由に解釈し じぶんの世界をつくる」ということを一貫したテーマにしていました。ワークショップの途中、参加者の高校生から興味深い発言を聞くことができました。

社会に出ると年齢も考え方もまったく異なる人たちばかり。みんな違うことは当たり前のこと。
もともとSEKAISHAは、佐藤の少年時代の原体験、すなわち「自分の“好き”を尊重・追求していい世界」という思想をベースに設立された会社です。
子供たちの回答によって、ワークショップは私たちSEKAISHA一同にとっても発見の多い時間となりました。

私塾事業では今後も、今回の登壇者・佐藤のように、学力を基準に進学を決めた学校に通う日々では出会えないようなゲストを招いていきます。
「そんな世界もあるのか!」という発見と学びの喜びをみなさんに、子供たちにお届けします。

1人ひとりの才能や個性に根ざしたキャリア観を形にする会社として株式会社SEKAISHAは尽力していきますので、引き続き応援よろしくお願いします!さらにCTISでは“語学”だけにフォーカスしません。たとえ語学が苦手でもサポートします。

あくまでも本人が主体であり、本人が選べる・考えることを大切に考えています。

参加者の声

高校1年男子の母
Read More
学校以外の外部のセミナーに初めて参加したが、子供が積極的でびっくりした。
小学5年女子の母
Read More
保護者席でのディスカッションで「親も投資家」というテーマが出てきて、とても充実した議論になった。怖い投資家になるか、優しい投資家になるか、など置き換えられるテーマで保護者にとっても教養として満足できる時間になりました。 ただ、娘が最年少参加だったので、他の参加者(高校生ら)が満足しているか少し心配。会場全体が娘にすごく配慮してくれていたような印象でした。
高校2年女子
Read More
ほかの参加者の話を聞いて、こんな考え方もあるんだって思った。自分にはない視点の話を聞くのが好きだから来て良かった。ただ、娘が最年少参加だったので、他の参加者(高校生ら)が満足しているか少し心配。会場全体が娘にすごく配慮してくれていたような印象でした。
浪人生男子
Read More
キャリアについて考えられるような授業がなかったので、佐藤さんを参考例に自分とも照らし合わせて考えることができて楽しかった。
Previous
Next

ワークショップの様子

Scroll to Top