SEKAISHA |「じぶんのモノサシ」を、つくる。努力より夢中、成功より納得

PRESS

日本初!?思春期をこじらせた中学生向けの 「中二インターン」プログラムを、 弊社が実験的にスタート

若者の才能や個性に根ざした新しい教育事業をてがける株式会社SEKAISHA(東京都渋谷区)は、中学生向けの実験的な企業インターンシッププログラム「中二インターン」を開始します。2020年春期は3月下旬からの春休み期間に行い、首都圏の企業へのインターンシップとワークショップを行います。

中二インターン特設サイト

企画のプロデュースは慶應義塾大学特任准教授などをつとめる若新 雄純氏が行い、千葉大学教育学部教授・同附属中学校校長の藤川 大祐氏がアドバイザーをつとめます。参加中学生は以下の特設サイトにて募集し、3月1日(日)に東京・渋谷にて行う説明会をへて決定いたします。

【特設サイト】 http://chu-2.jp/

■思春期的な才能を発掘・助長する、実験的プログラム

中学生の中には、思春期特有のクセやこだわりが過剰になって俗にいう「中二病」をこじらせ、学校生活や周囲とのバランスに悩んでいるという人も多いと思います。親や先生は、「普通」からズレてしまわないかと心配しているかもしれません。しかし、そんな思春期ならではのズレや葛藤の中にこそ、若者一人ひとりの才能や個性を発掘するヒントがつまっているのではないかと考えています。大げさにいえば、中二病こそ、若者の可能性を開花させるチャンスなのです。このプログラムでは、そんな中二病をこじらせた中学生のクセやこだわりを愛し、助長することで、「自分ならではの何か」を発掘することができる(かもしれない)新しい学びの場を目指します。

※「中二病」とは、中学二年頃にみられる思春期特有の自己愛や個人の考え・行動・価値観が過剰になった状態を指す俗語(ネットスラング)で、医学的な疾病ではありません。
※中二病をかけて「中二インターン」というプログラム名称ですが、学年に関係なくご応募いただけます。

■中二インターンのながれ

2020年春期のプログラムは、事前ワークショップ(参加者合同)と春休み期間にかけての企業インターンシップ(個別)を数日間に分けて行います。全国の中学生にご応募いただけますが、今回の受入企業は首都圏のみの予定です。プログラム参加費は無料ですが、現地までの交通費等は各自でご負担いただきます。詳細は特設サイトをご確認ください。

■インターン受入企業(候補)

「中二インターン」の考え方に賛同していただける以下の業界・業種の企業・団体にて短期のインターンシップを行っていただきます。
<広告代理企業、出版社、マスメディア、外資系コンサルティング企業、IT企業、エンターテイメント企業など>

※受入企業は事前ワークショップでの面談等により決定しますが、すべてのご希望には添えない場合があります。ご了承ください。
※中二インターンの目的は職場体験・業務体験ではなく、期間中は無償(無給)です。
各自で自由にテーマを決めて、疑問や提案をぶつけ、自分なりの学びや発見をたくさんつくってください。
※インターン先でのテーマ設定や活動・企画提案等は、コーディネーターがサポートします。

■運営会社について

「中二インターン」を運営する株式会社SEKAISHAは、「じぶんのモノサシ」を、つくる。をミッションに掲げる、教育事業ベンチャーです。教育業界最大級のWEBメディア「cocoiro」などを運営しています。子ども・若者の興味や好奇心を起点に、一人ひとりの個性と才能に根ざした多様なキャリア観と自己肯定感を育み、誰もが「じぶんの世界」を自由につくることができる世界を目指しています。

【株式会社SEKAISHA WEBサイト】 https://sekaisha.co.jp/

■募集要項

【対象】 2020年3月時点で1学年および2学年の全国の中学生。
     ※新中学1年生および新高校1年生の場合はご相談ください。
【人数】 最大10名程度
     ※応募者多数の場合は、説明会で選考を行います。
【期間】 2020年3月末からの春休み期間。
     ※3月1日(日)の説明会および、
      3月27日(金)の事前ワークショップは原則参加必須です。
【参加費】無料
     ※現地までの交通費等は各自でご負担ください。
     今回の受け入れ企業は首都圏のみの予定です。

■ご応募・お問い合わせ

特設サイトからお申込みください。
http://chu-2.jp/