SEKAISHA |「じぶんのモノサシ」を、つくる。努力より夢中、成功より納得

PRESS

今夏!保護者・教育関係者向け「あたらしい教育」講演+ワークショップ開催!

今夏!保護者・教育関係者向け「あたらしい教育」講演+ワークショップ開催!
8月4日、SEKAISHAでは、藤川大祐教授(千葉大学教育学部教授)と、弊社事業プロデューサーの若新雄純(慶應義塾大学特任准教授)による講演+ワークショップを開催いたします。

「あたらしい教育」とは


これからの教育には、子供達がまず自分自身について、考察し、振り返り、自分のやりたい事や得意な事を見つけて伸ばしていく事が大切です。
高度経済成長の時代のように自分の基準を社会に合わせてみんなで同じレールに乗って成長していくのではなく、それぞれがどのように自分自身を発揮させていくか、夢中になれるものがあるかが、これからの成熟した社会で自分なりの人生を生きるために必要となるからです。

「将来に向けて少しでも役立つ事を、子供の頃からしておいて欲しい」という親心から、乳幼児の頃はリトミックや体操、小学校に上がれば英語や水泳、プログラミングに塾……将来に備えて、子供達が通う習い事は増え続けています。
また、公教育においては、道徳、英語、プログラミングの教科化、高大接続、大学入試改革など、百年に一度と言われる程の変革の波が起こっています。

では、そもそも、子供達の将来に本当に役立つものとは、何なのでしょうか。
最近では、いま7歳の子供が22歳で大学を卒業する時には現在存在しない職業に就く、という米国の研究者の言葉がニュースにもなりました。
また、あらゆるモノがインターネットに繋がる第4次産業革命はどんどん我々の生活を変えていき、新しいサービス、新しい職業が次々に生まれ、AI・ロボットとの共生も始まっています。
このような時代に、子供達が自分らしい人生を作り、満足して生きていくために、親として、教育者として、子供達のためにできることはあるのでしょうか。
学校、家庭教育、キャリア教育の観点から、講演とワークショップで考える学びの場に、ぜひご参加ください。

※当日の模様は弊社教育メディアcocoiroで記事として公開されます。

申し込み方法


お申し込みフォーム

・申込締切:2019年7月24日まで

イベント概要


・開催日時:2019年8月4日(日)15:00-18:00(14:30開場)
・開催場所:Space Gorilla(スペースゴリラ) 東京都渋谷区恵比寿4-7-2 KBKビル3階
・参加条件:中高校生の保護者の方・教育関係者
・参加人数:30名(参加希望多数の場合は抽選)
・参加費:無料

内容


・講演
・トークセッション
・ワークショップ

全体ファシリテーター:若新雄純(わかしん ゆうじゅん)




福井県若狭町生まれ。
株式会社NEWYOUTH代表取締役、慶應義塾大学特任准教授などを務めるプロデューサー。
慶應義塾大学大学院修了、修士(政策・メディア)。専門はコミュニケーション論。
全国の企業・自治体・学校などと実験的な政策やプロジェクトを多数企画・実施中。
全員がニートで取締役の「NEET株式会社」や女子高生がまちづくりを楽しむ「鯖江市役所JK課」、週休4日で月収15万円「ゆるい就職」、目的のいらない体験移住事業「ゆるい移住」などをプロデュース。著書に『創造的脱力』(光文社新書)がある。
http://wakashin.com/

講演:藤川大祐




千葉大学教育学部教授(教育方法学・授業実践開発)。

1965年、東京生まれ。
東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学(教育学修士)。
金城学院大学助教授等を経て、2001年より千葉大学勤務、2010年より千葉大学教授。
2010年度千葉大学学長特別補佐。
2012〜2013年度、千葉大学教育学部生涯教育課程長。
2015〜2017年度、千葉大学教育学部副学部長。
2018年度〜、千葉大学教育学部附属中学校長。
2018年10月〜、千葉大学教育学部副学部長(附属学校担当)。

2016年10月〜、千葉市教育委員。

2005年、千葉大学ベストティーチャー賞を受賞。
2012年、担当した千葉大学・千葉市連携授業「西千葉子ども起業塾」が経済産業省より第2回キャリア教育アワード審査委員特別賞を受賞。
2012年、理事長をつとめるNPO法人企業教育研究会が、第28回学習デジタル教材コンクールで文部科学大臣賞(団体)を受賞。

イベントに関するお問い合わせ


株式会社SEKAISHA 私塾事業部 にご連絡ください。
Email: learning@sekaisha.co.jp
東京都渋谷区恵比寿南2-7-1 ハーモニックプレイス3F

お申し込み、お待ちしております!
お申し込みフォーム